育毛方法研究室 ?真剣に育毛と向き合う人に!?

育毛のスペシャリストである管理人が真剣に追及した本物の知識をご紹介

画像
管理人体験談
管理人の体験をお話しします。
私のお気に入りのアイテムを紹介!
画像
男性からの投稿体験談
男性から当サイトに寄せられた体験談。
どんなアイテムが支持されているの?
画像
女性からの投稿体験談
急増する女性の抜け毛・・・
先輩たちの意見を参考にしよう!
画像

年配者を見て育毛を思う

髪が薄くなっても、抜け毛がひどくなっても歳だから、となにもケアをしないでほったらかしにする人が少なくありません。
一つは異性を気にしなくなったからではないかと睨んでいます。
先日、あるところで年配の方の集団を見かけました。
男女入り混じっており、それぞれがチャン付けで呼ばれていたところを見ると、おそらく同窓会の帰りではなかったかと想像します。
年恰好も似通っていましたのでまず間違いないでしょう。
そのグループの女性はそれなりにウイッグなどをつけてきれいにされていたのですが、男性陣は育毛など考えたこともない、と言った人が多く髪の毛よりも車や腕時計に感心がありそうな人々でした。
髪の毛に関しては既にあきらめてしまっているのかもしれません。
しかしながら、電車の中などで髪の薄い人の頭髪を観察していると、つるつるに禿げてしまっている人は別として、どんな人にでも産毛の存在を見つけることができるのです。
つまり見方を変えれば、髪はいくつになっても生えたがっており、その邪魔をしているのが我々自身ではないかとも言えるのです。
育毛というのは生えようと、大きく育とうとしている髪の手助けをする行為です。
手助けをしないまでもまず、髪の成長しようとする意思を阻害するような行為は慎まなくてはなりません。
そして育毛には時間がかかるということを理解して、取り組まなければならないのです。
髪は歳に関係なく生えたがっている、という事実を認識し、その手助けをするにはやはり、生活習慣を変えなければなりません。
頭には髪があるのが普通の姿なのです。
髪は頭を守るために存在するのですから。
つまり、育毛が必用な状態と言うのは何かが間違っているというサインなのかも知れないのです。
間違っている事柄は人それぞれでしょう。
しかしながら間違っているからこそ、薄毛になるのです。
自然の摂理に逆らっているのは、我々自身であると認識した上で、育毛に取り掛かるべきでしょう。
先日見かけた年配者を他山の石とし、ちょっと違った同窓会を開こう思うのです。
十年後、二十年後の同窓会で全員の髪がフサフサしている姿を想像してみればなんだか楽しくなってくるのです。
きっと願えば適うのです。

MAIN CONTENTS

ランキングで選ぶ

オススメ育毛剤 ?男性編?

オススメ育毛剤 ?女性編?

オススメシャンプー ?男性編?

オススメシャンプー ?女性編?

オススメ育毛サプリ ?男性編?

オススメ育毛サプリ ?女性編?